ホワイト餃子店
ご案内 調理方法 店舗一覧 Sorry, This page is only in Japanese.  
焼餃子
水餃子
蒸餃子
その他

焼餃子

焼餃子 ホワイト餃子といえば焼餃子。
パリパリとした皮が最大の特徴で、独特の焼き方をします。
調理時間は、強火で13分、中火で2分、通算で約15分です。

調理には大量の油を使用します。
調理道具などに水分が残っていると油が大きくはねて大変危険ですのでご注意ください。

調理方法

1 お湯をわかします。
油を用意します。
2 冷たいフライパンにしき油をひいて、凍ったままの餃子を1つずつはずして(ここがポイント)並べます。
餃子はフライパン一杯に敷きつめてください。
フライパンに隙間があると、油が大きくはねて危険です。数が少ないときには、小さなフライパンを使用してください。
3 ガスを点火すると同時に、熱湯を餃子が8分目までひたるくらい入れます。
ガスは強火にします。
4 フタをして8分ほど加熱します。
5 大きな泡になってきたら・・・
6 フタをはずして、餃子がもぐるくらいまで(ここがポイント)油を入れます。
以後フタは不要です。フタを使用した場合、蒸発した水蒸気がフタの内側に付着します。フタを外す時に高温になった油に水滴が入ってしまうと、大きくはねるため危険です。
7 はじめはお湯と油がまじって、白くにごります。
強火のまま加熱します。
8 3分ほどでお湯は蒸発し、油が透明になります。
ここで油をたして、再び餃子がもぐるくらいにします。
9 底がこげ茶色になった所で底入れをして、ガスを中火にします。
10 油をもどします。フライパンには少しだけ油を残します。
もどした油は、3〜4回使えます。
11 底にこげ目をつけたら火を止めます。
フライパンに残した油もどして・・・
12 フライ返しで餃子をお皿にひっくり返して盛りつければ、できあがりです。
画像等を含め、このホームページの一切の無断複製・転載等を禁じます。